こうしたロスがあるこそ警告はしていると思われている

正月が終わって今度は節分となってしまうがこれが売られるのが「恵方巻」と言いましてスーパーマーケットやコンビニで予約をしている所があるが毎年のように問題となっているのが売れ残りを処分してしまう事で「食品ロス」が起きてしまうと言うが遂に今年は国もこの行為を動いた。

これは予約と別に販売用で作られているのでどのぐらいで売れてしまうのか計算もしないでやってしまうのでこうした事態が起きてしまうが特にスーパーマーケットでの恵方巻を売られていますが実はこれはいろんな種類の恵方巻が売られていまして何がいいのか迷われてしまう事が多い事でこの様な展開になってしまったと思われている。

特に刺身や鉄火巻きなどこうした生物もあるので処分はやむを得ないという事になるが回転寿司などは鉄火巻きなどこうした事で商品になるので再利用の形になってしまうのかこうした問題が毎年の様に起きているという事になってしまった。

予約は入れておくことで購入する事は出来るが販売だとどのぐらいで売れるか気になる所もあると言うがこれを利用している人工知能でAIを利用をして予測をしているのでどのぐらいで売れるのかこうした計算も必要だと思っていると言うがこれでも不可能な点もあると感じられるかも知れない。

また、試食をして予約などしている人もいるのでこうした事もロスに繋がらないでほしいと思う所だという事になるが販売まで2週間となった事でどのぐらいの残ってしまうのか気になる所だと思うのです。https://www.roma2016.org/ude-datsumo.html

こうしたロスがあるこそ警告はしていると思われている