サンマがいずれ食べられなくなるかも知れません

サンマの漁業規制が纏まらなかったとのことです。昨年の関係2か国から今年は8か国になり、より国際的に枠組みを決めようという事ですが、それだけこの問題は深刻なものです。
しかし、海洋進出を考えている大陸の大国は反対をしたので破談となりました。太平洋の小国の反対は無視できるものの大国の行動は看過出来ないものです。回遊魚のサンマは我が国までたどりつく前に大国に捕獲をされていますので、わが国の取り分は激減をしている現状です。大国の言い分は科学的根拠がないという言い訳にも聞こえるものでしたが、このままではサンマ資源は枯渇をしてしまうでしょう。昔から親しまれてきたサンマはもう食卓には簡単には登場しそうもありません。科学的根拠の意味はなんなのでしょうか。身勝手な振舞いはここでも起きています。大国の野放図な人口を養うために権利の主張ばかりしていて義務を忘れている姿勢は反省のかけらもないようです。サンマは我が国の経済水域だけに回遊してくれないものでしょうか。肌に優しい脱毛

サンマがいずれ食べられなくなるかも知れません