ドライバーの意識があってこその安全運転だと思う

私が自動車の免許を取った頃にはありませんでしたが、今では普及している安全性能技術というのは多くあります。
例えば、車線を逸脱しそうになったときや、前の車に衝突しそうになったときにアラートが鳴るものもその一つです。
最近では、アラートが鳴るだけでなく、自動的にブレーキがかかるようになってきています。
将来的には、左右や後方の安全を確認して、衝突を回避するようにハンドルを切る機能もついたりするんだそうです。
でも、どんな安全性能を車が備えていたとしても、運転する人にその意思がなければ無駄になってしまいます。
最近、車を運転しているときに、わりと荒い運転をする人をよく見かける気がするんですよね。
急発進や急ハンドルはもちろん、無理な割り込みだとか、信号が黄色に変わってからの交差点進入…
最新の安全性能によって、うっかりした事故はかなりの確率で防ぐことができるようになるかもしれません。
でも、よく考えれば、みんなが安全運転を心がけたり、散漫な運転が減れば、こうした機能もより効果的に鳴るのではないかと思います。クレジットカード お金借りる

ドライバーの意識があってこその安全運転だと思う