ECS Season 1 Finals Luminosity vs NiP インプレッション

率直に甚だいい対戦だったと思った対戦内容で、やっぱしトップ組織と言える攻防が展開された対戦だった。
ただ惜しむのはxiztの体調がいまひとつだった面。
こういう階級だとたった一人体調が上がらないプレーヤーがいるだけで分かれ目に変わるという宜しい図案の様な対戦だった。

序の口3ラウンドを取り去るNiPだったが、その後はLGが盛り返して行く。予め一度FalleNにAWPを持たせてしまうと無傷で攻略するというわけにはいかず、NiPは思い切り苦戦を強いられた。
序の口の3ラウンド以外は1ラウンドを少しずつ戻すのが精一杯で、9-6でLGに立て直しを許し折り返す面と繋がる。
後半のピストルラウンドも取り3ラウンドを連取したNiPは丸ごと立て直しにサクセス。
12-9まで放り出す面に成功する。ありのままいきたい箇所ではあったが、FalleN,coldzeraの倍AWPに流れを止まる。
f0restを軸にどちらかを片づけたい箇所ではあったが完全にシャットアウトされ資金的にもツボが消え去り、後々全てのラウンドをLGが発展。16-12でLGの発展で対戦を終えた。キャッシング 簡単 審査

ECS Season 1 Finals Luminosity vs NiP インプレッション

先日、クラフトビールにはまって要る

さきほどまで、ビールといえばキリンとかアサヒとか大手の製造元のをしばしば飲んでいた。しかも発泡酒とか第3のビールとか、めったにこだわらずに飲めれば素晴らしいくらいの進め方だったのだけど、最近になって、クラフトビールにはまってしまった。
ホームページ項目や読み物で話題になっていることも多いし、近所のモールのストアが広くなって、たくさんのランキングのクラフトビールを売り出したから、軽い気持ちで飲んでみたのだけど、最初は、そのランキングの多さにびっくりして、こうしたビールもあるんだというインパクトがすごかった。ビールといえば、炭酸強めで苦々しい物体だと思っていたけど、あまいビールも酸っぱいビールも、マジ渋いビールも居残る。ワインも津々浦々酒もスピリッツも、こういうバラエティには敗れるとおもう。何やかや呑み比べてみたくいけど、何だか普通のビールよりは高額だし、ランキングがありすぎて、自分の好みがいまいちつかめない。
調べてみると、入場チャージだけで色々なクラフトビールを呑み見比べできるような案件も行われているようなので、次の案件には行ってみたい。そして、飲んだ行為の無いビールを多数呑み比べて、自己流の満杯を見つけ出したい。内面のビール観ががらっと変わってしまって、困りつつも、目新しいビールとの触れ合いが楽しくて仕方がない。急にお金が必要

先日、クラフトビールにはまって要る