ある裁判がきっかけでブラックの存在が浮かび上がった

過去に就職活動やバイトなどで取り上げいるブラックですが最近は学校でも取り上げいるがこれがきっかけとなったのが大阪の高校で赤毛と言う事で通学できない事で裁判を起こしたがこの様な事で今、これが広がっている。

全国の中学、高校などこうした学校の校則がある事で問題視されている事を知っていますでしょうか。

髪の毛だけではなく下着などそこまで学校の校則だと思うところがあるので疑問視してしまうのでこれは「おかしい」と言う事に声を上げて行っているがこれが問題だとなっているのが「ブラック校則」と言う事になる。

これが校則なのと思ってしまうほど厳しくしている事もあるので先生が見ている所もあるのでこうした目を光っている所があると言う事になるがこれはおかしいと思う所もある。

裁判まで発展している赤毛問題も訴えられた教育委員会も却下を要請をしていますが果たしてどうなのかと思ってしまうほどブラック校則があるのかこうした校則は何の為にあるのかわからない所もあると感じている。

ブラック校則で理解出来る人がいるのかどうなのかわからない状態でこれは撲滅するのには保護者の方も知ってもらう必要があると思われてる。
こうした所からは裁判に発展するとはそこまで信用がないと思うしかないかもしれない。

そこまで校則にこだわるのはいかがなのか理解して校則を変える事がブラック校則を消滅する事だと思われていますが裁判など起きている事で勝訴しても変わらないと思っているし和解も難しいと思う所もある。

まだまだブラック校則があると思うとおかしいと思っているかもしれないと言うのです。

ある裁判がきっかけでブラックの存在が浮かび上がった