ドライバーの意識があってこその安全運転だと思う

私が自動車の免許を取った頃にはありませんでしたが、今では普及している安全性能技術というのは多くあります。
例えば、車線を逸脱しそうになったときや、前の車に衝突しそうになったときにアラートが鳴るものもその一つです。
最近では、アラートが鳴るだけでなく、自動的にブレーキがかかるようになってきています。
将来的には、左右や後方の安全を確認して、衝突を回避するようにハンドルを切る機能もついたりするんだそうです。
でも、どんな安全性能を車が備えていたとしても、運転する人にその意思がなければ無駄になってしまいます。
最近、車を運転しているときに、わりと荒い運転をする人をよく見かける気がするんですよね。
急発進や急ハンドルはもちろん、無理な割り込みだとか、信号が黄色に変わってからの交差点進入…
最新の安全性能によって、うっかりした事故はかなりの確率で防ぐことができるようになるかもしれません。
でも、よく考えれば、みんなが安全運転を心がけたり、散漫な運転が減れば、こうした機能もより効果的に鳴るのではないかと思います。クレジットカード お金借りる

ドライバーの意識があってこその安全運転だと思う

サンマがいずれ食べられなくなるかも知れません

サンマの漁業規制が纏まらなかったとのことです。昨年の関係2か国から今年は8か国になり、より国際的に枠組みを決めようという事ですが、それだけこの問題は深刻なものです。
しかし、海洋進出を考えている大陸の大国は反対をしたので破談となりました。太平洋の小国の反対は無視できるものの大国の行動は看過出来ないものです。回遊魚のサンマは我が国までたどりつく前に大国に捕獲をされていますので、わが国の取り分は激減をしている現状です。大国の言い分は科学的根拠がないという言い訳にも聞こえるものでしたが、このままではサンマ資源は枯渇をしてしまうでしょう。昔から親しまれてきたサンマはもう食卓には簡単には登場しそうもありません。科学的根拠の意味はなんなのでしょうか。身勝手な振舞いはここでも起きています。大国の野放図な人口を養うために権利の主張ばかりしていて義務を忘れている姿勢は反省のかけらもないようです。サンマは我が国の経済水域だけに回遊してくれないものでしょうか。肌に優しい脱毛

サンマがいずれ食べられなくなるかも知れません